幸せホルモンとも呼ばれてる「セロトニン」の効果を実感した口コミを集めてみました。

幸せになる「セロトニン」の口コミ

幸せになる「セロトニン」の口コミ

幸せホルモンとも呼ばれてる「セロトニン」の効果を実感した口コミを集めてみました!

 

リラックスした状態にしてくれるセロトニン

私は、金融関係の営業をしています。仕事でストレスを感じる事も多く、仕事中も緊張している状態、イライラしている状態が長く続きます。

Y02A133.jpg2年前に少しうつっぽくなり、近所の心療内科を受診しました。うつ病の診断は下されませんでしたが、医師から生活習慣を見直し、脳内の神経伝達物質であるセロトニンを増やす生活習慣を取り入れた方がいいというアドバイスをもらいました。

セロトニンの効果として、リラックスした落ち着いた状態が維持でき、また自律神経のバランスも整えてくれる効果があります。

仕事上、帰宅時間が遅くなりがちですが、以前より1時間早く帰宅するようにしました。

帰宅時間を早めて、ゆっくり音楽を聴いたり、お風呂にゆっくり入ったり、入浴後はストレッチで体を伸ばしたりする習慣を取り入れました。

1カ月間、この習慣を継続した結果、体の緊張感も取れ、1日を通して不安な感情、怒りも少なくなってきました。また、うつっぽい気分も出なくなり、快適な生活を送る事ができています。

また、セロトニンが含有されているサプリメントも定期的に飲んでいます。

外食が多いので、なかなかセロトニンが多く含まれる食生活の改善が難しい人にとって、サプリメントでセロトニンを補充する事は、非常に便利な方法です。セロトニンの効果として、睡眠の質を良くする効果があります。

サプリメントによるセロトニンの補充によって、夜もぐっすり眠れ、朝もスッキリ目覚める生活が継続できています。

セロトニンが不足すると「うつ病」や「不眠症」になり易い!セロトニンは、眠りや精神の安定に大きく関わる物質と言われていて、セロトニンが不足すると、「うつ病」や「不眠」などになる可能性が高まると言われています。

 

心を安定に保つ効果がある脳内物質

 
以前から、いらいらしやすくなっていることが増えていました。理由が分からず悩んでいました。

Y02A142.jpgそこで、セロトニンが不足しているのではないかと考えました。

セロトニンとは、精神を安定させ、ストレスを改善し、心を安定に保つ効果がある脳内物質です。

この脳内物質が不足すると、精神状態が乱れ、ストレスが溜まっていらいらしやすくなってしまいます。そこで私はこのセロトニンを増やす生活をしようと心掛けました。日光浴やリズミカル運動などによって増加させることができますが、食べ物によって増加させることができるのです。私はこの食べ物によって増加させる方法を試してみました。

トリプトファンというセロトニンを増加させる作用のある食品を摂取するという方法です。この食品には、牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品や、納豆、醤油、味噌などの大豆製品があります。

さらにカツオやマグロ、卵なども挙げられます。私は大好きなものばかりだったので、積極的に摂取することが出来ました。

トリプトファンという物質は体内で生成できないものなので、毎日これらの食品から摂取することが大切です。

普段の食事に取り入れやすいものばかりだったので、私も毎日食べることが出来ました。この食品を意識して積極的に食べていると、すぐにいらいらしなくなりました。

精神が安定しているのを実感でき、日々の生活でストレスを感じることが少なくなりました。本当に簡単に摂取できるものばかりだったので、おいしく手軽にセロトニンの効果を実感できて良かったです。
 

イライラに睡眠不足

毎日の生活の中で、仕事や家庭に人間関係などから多くのストレスに晒され、イライラに睡眠不足。

Y02A140.jpgその原因はセロトニンが不足しているからかも知れません。

セロトニンとは、主に「睡眠の質」と「精神の安定」に強い関連性あるもので、別名「幸せ物質」とも言われています。イライラやうつを抑制したり、睡眠物質であるメラトニンを分泌させる効果があります。

そんなセロトニンを増やすにはどのようにすべきか。

まずは、規則の正しい生活に整えること。主に日光に浴びることが重要となります。朝起きたら、まずはカーテンを開け、日差しを受けることを習慣付けることです。

次に適度に体を動かすこと。特に単調なウォーキングなどが有効です。先述した太陽の光を浴びることを目的にするならば、朝ウォーキングすることを生活の一部に取り入れてみてはいかがでしょうか。

次におおいに笑い、泣き、感情をさらけ出すことです。大笑いできる番組や、大泣きできる映画やドラマのDVDがあるといいでしょう。

他にも首のストレッチをしてやることなども、セロトニンを増やす効果があります。

摂取する食物からもセロトニンを増やすことが可能です。セロトニンを分泌を促すには、トリプトファンとビタミンB6が必要です。

トリプトファンが多く含まれるのは、バナナ、カツオやマグロなど赤身の魚やナッツ類、チーズや牛乳といった乳製品などです。ビタミンB6は、レバーや肉・魚など動物性のたんぱく質やナッツ類に含まれています。

生活習慣、食生活にセロトニンを増やすことを意識し、幸せ物質であるセロトニンを分泌させ楽しい日常生活にしてみてはどうでしょう。
 

眠れないといっても、その症状に状態はさまざまです。 もし、「まったく眠れない」状態で、生活にや仕事に支障を起こすような不眠の状態の場合は、ただちに医師の診察を受けるこをおすすめします。